DE LA SOUL / and the ANONYMOUS NOBODY

2016年8月31日  AOI Records
11年ぶり新作はピートロックやスヌープドッグら豪華ゲスト迎え貯めてきた音源をセルフサンプリングし驚くほどのバリエーション。非ヒップホップ的曲も複数並ぶが、王道で音色も抜群のTrainwreckが白眉。

HALCALI / ハルカリノオカワリ

2012年5月30日リリース EPIC
新作は謎な2枚組。初期代表曲も交えたOTF編8曲は新曲群に魅力。CMや映画の話題曲集めた2枚目は歌モノ多めにコラボな楽しさ満載に7曲。ハルカリ歌詞参加も目立ちゴンドラの唄も巧みに料理して嬉しい空気感。

大谷能生 / 舞台のための音楽2

2012年6月13日リリース HEADZ
エンジンから出た劇伴集に続く第2弾は中野成樹の紹介セリフ入り神村恵ダンスも思い浮かぶ名品たっぷり収めた2枚組。チェルフィッチュや東京デスロックの懐かしい音源も嬉しいが、ビート感抜群の「配置と森」最高。

大谷能生 / Jazz Abstractions

2012年3月14日リリース BLACK SMOKER RECORDS
3曲で自らラップも披露した新作はジャズ音源たっぷり混ぜた圧巻アブストラクト。ミンガス作サンプリング豪快。黒い音源ループ格好よく、韻踏む朗読ラップで「奇妙な果実に蠅がたかーる」Bホリディのラスト美しい。

UNICORN / Z

2011年5月25日リリース KI/OON Records
再結成後2作目はLA録音でバンドサウンズ全開の格好いいロックアルバムが誕生。奥田×阿部などメンバー共作も機能し、Dキャンベルのアレンジワークもキマって絶妙のサウンド。人気の傑作「デジタルスープ」も収録。

HALCALI / TOKYO CONNECTION

2011年2月9日リリース Epic Records
旧曲リメイク含む7曲入りミニは歌ものも面白い捨て曲ゼロの素敵すぎる32分。オルガンスカな浪漫飛行から始まるコラボの嵐。ヨースケ@HOME起用したギリチョコの美メロに泣き。傑作ストロベリーチップスもスカで復活。

RADIOHEAD / THE KING OF LIMBS

2011年4月6日リリース Ticker Tape
3年ぶり8作目の新作はナイジェル・ゴドリッチが再プロデュースし尖ったサウンドで繊細に奏でる穏やかな8曲。トムヨークのお馴染みボーカルも健在でサプライズなく確実な1枚の印象。ダウンロードは2月先行発売。