吉田秋生 / 海街diary

2007年4月-18年12月初版 小学館フラワーコミックス 鎌倉舞台に4姉妹を描きマンガ大賞など受賞の傑作シリーズが全9巻で完結。不定期連載で12年かけ、クオリティ維持し大成功。父の死を期に異母妹を家族に迎えるが長女が抱える諸問題がスパイス。次女のキャ…

月刊根本宗子 / 愛犬ポリーの死、そして家族の話

2018年12月22日14:00 本多劇場 3種のダメ男と結婚した3姉もつ不思議女子の愛犬死後に出会う中年男性との恋愛描き見事な完成度。急登板の藤松祥子が奮闘、犬と恋人(小説家)演じた村杉蝉之介との恋愛面白いが、夫婦喧嘩のディテール見事で笑い。

町田康 / 日常の肯定

2017年12月25日初版 毎日新聞出版 「どつぼ超然」3部作完結編は、熱海ならぬ田宮での日常を無駄に脱線、詳細に綴り新機軸。傑作「この世のメドレー」超えないが、踊り子乗車までのダラダラ感脱した後、怪物・龍神沖菜登場からのパンクな展開は圧巻。

ワワフラミンゴ / ハートのふゆ合戦

2018年12月14日20:00 イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫2F 待望の新作公演は田原町の木製倉庫なお洒落カフェで実現。女性7人による鳩とハートの楽しい会話劇が大成功。ポッポ歌場面楽しく、当日配布の台本一部おまけも嬉しい。妊婦な名児耶ゆりのちょっと出…

平野啓一郎 / ある男

2018年9月30日初版 文藝春秋 飲み屋で出会った男に取材した新作長編は在日コリアンの弁護士である城戸が依頼主の夫の死の真相を探って展開。死刑制度やヘイトスピーチなど時事的な取り込みも見事。谷口大祐として死んだ男の半生も興味深く流石。

城山羊の会 / 埋める女

2018年12月11日19:30 ザ・スズナリ 活動休止公演はトラック運転手役の岩谷健司がモテまくる不条理コメディで大成功。暗転時の音声のずらしなど実験精神面白い。悲惨な生い立ち妄想する娘役の福井夏新鮮。バブルな電通社員妻で母役の坂倉奈津子も魅力。

石井暁 / 自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体

2018年10月16日初版 講談社現代新書 共同通信記者による防衛省幹部への執拗な取材で見えた「別班」の実像。タブーである海外活動も執拗に追究し興奮。何度も飲みの場を設定し情報を引き出す手法、デスク役とのやり取りなど舞台裏も興味深く迫力の一冊。

筒井康隆展

ART

2018年10月6日-12月9日 世田谷文学館 作家初の大規模展覧会は規格外の創作活動を体感できる空間で興奮。多様なメディア巻き込んだ活動の詳細、生原稿の整理具合も抜群で、「大いなる助走」の文藝春秋文書自体に赤字入れて突っ込むコラージュ原稿が圧巻。

村田沙耶香 / 地球星人

2018年8月30日初版 新潮社 傑作「コンビニ人間」来の芥川賞受賞第一作は、生産性重視する人間工場と対峙する奈月の暴走する半生描いて衝撃的。新潮45問題彷彿の時代性も抜群。幼少時の長野秋級に親戚集うエピソード秀逸だが、仮面夫婦同士でポハピピンポボピ…

山本さほ / 岡崎に捧ぐ

2015年5月-18年10月初版 小学館ビッグスペリオールコミックス 横浜線沿線舞台に同級生の岡崎さんとの交遊軸に自身の半生描いた傑作マンガが全5巻で完結。90年代ゲーム文化描いて時代感抜群。問題家庭、美大受験やモラトリアム、ブラックな職場も上手に作品…

星野智幸 / 焔

2018年1月30日初版 新潮社 谷崎賞受賞作は各誌に書いた9つの短編を輪になり話聞く流れに乗せて一本化。恐すぎる近未来を生きた者たちのホラーなエピソードの数々に震撼。妄想過剰な話あるが、現代に見え隠れする生きにくさを巧みに描き成功。

KERA MAP / 修道女たち

2018年11月6日19:00 本多劇場 迫害受ける宗教信仰する修道女たちの悲劇に感服。「神々と男たち」女性版の印象も厳しい規律に悪戦苦闘する様がコミカルで愛らしく、ラストの魂の列車登場にガツンと感涙。絶妙な関係演じた鈴木杏&緒川たまき見事。

もみじ市2018 DISCOVERY(空気公団、栗コーダーカルテット)

2018年10月14日11:30 東京オーヴァル京王閣 競輪場をロハスなオシャレ空間に変えた大規模蚤の市は豪華ライブも用意し手紙社の手腕に感嘆。常連の空気公団は花を編み込むヘアスタイルで次々歌い感動。栗コーダーはピタゴラからジョーズまで並べて観客の心掴む…

旗手啓介 / 告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実

2018年1月16日初版 講談社 NHKスペシャル書籍化は1993年の初のPKO派遣で起きた文民警察官の悲劇の詳細を明らかにし迫力。現地に居合わせたオランダ兵、ポルポト派の上官にも会いに行く展開に興奮。講談社ノンフィクション賞も納得。

Dance New Air 2018(屋外パフォーマンス モモンガ・コンプレックス)

2018年10月7日15:00 ワールド北青山ビル 秋晴れに恵まれワールドビル前に買い物袋まき散らし始めた無料パフォーマンスが圧巻。ブラスなセクシャルヒーリングに乗り、きっちり群舞。モモコン風味満載で大成功。怪我の北川結も車椅子で登場し破壊者ぶり愉快。

Dance New Air 2018(黒田育世「ラストパイ」)

2018年10月4日19:00 草月ホール Noism05での初演作が豪華メンツで平日3日間のみで復活。40分の公演中ほぼ全てでステージ前方で独舞続けた菅原小春に凄み。床に体をぶつけるような激しい動き繰り返すBATIKダンサーらの群舞にも冴え。

半分、青い

TV

2018年4月2日-9月29日 NHK総合 北川悦吏子起用の永野芽郁ヒロイン作は岐阜で1971年に生まれた鈴愛と律と辿る現代生活史。当時の風俗盛り込み、くらもちふさこモデルの漫画家豊川悦司登場のアシ時代が最高の面白さ。微妙な場面多いが全体よし。

川上弘美 / 森へ行きましょう

2017年11月20日初版 朝日新聞出版社 同じ1966年に生まれたルツと留津の2人の女性の人生をパラレルに年代追って描いて出色。バブルや震災や当時の流行など昭和、平成の時代背景も巧みに彩り、絡む友人たちのダブり具合絶妙で大胆な遊び心にも拍手。

あひるなんちゃら / あじのりの神様

2018年9月27日20:00 ザ・スズナリ 団地を舞台に人生失敗気味のケンイチとミツオの友情を、過去と現在を何度も往来させて描いて新味。子供たちが注目するアーバンとシロジという謎の2人組もいいアクセント。家庭訪問場面中心に随所で笑い溢れ効果的。

早稲田小劇場どらま館×遊園地再生事業団 / 14歳の国

2018年9月20日19:00 早稲田小劇場どらま館 98年作再演は女性中心の布陣でシリアス感アップ。時代設定そのままに筋立てくっきりの仕上がり。美術教師役で踊り子あり好演。持ち物検査に真剣の大場みなみも存在感。笑い部分はやついいちろうとのトークで挽回。

森見登美彦 / 太陽と乙女

2017年11月20日初版 新潮社 デビューから14年の決定版エッセイ大全集は書評まで入れ蛇足感も。小説書けずスランプに陥った日々綴ったものが興味深く、京都→東京→奈良と居を変え退職する作者の経歴も見え興奮。台湾誌で連載のコラムも新鮮。

パルTAMAフェス(モモンガ・コンプレックス「勘違いの庭。」)

2018年9月16日14:05 十字路ステージ 異色スタンプラリーなど用意の注目イベントに登場のモモコン野外公演は2月異色作再演。あいにくの炎天下でも北川、内海、土路生の3人という「番外・勘違いメンバー」編成で大人土下座三連など変な動き満載で圧倒。

水素74% / ロマン

2018年9月7日19:30 こまばアゴラ劇場 駅前劇場キャンセルの幻公演が早くも実現。マザコン家庭の密かな欲望リアルで、シニカルな笑いも切れ味抜群で見事な仕上がり。息子ラブな母役で兵藤公美が好演。息子の小遣い騙し取る日高ボブ美の怪優ぶりも衝撃的。

川上未映子 / ウィステリアと三人の女たち

2018年3月30日初版 新潮社 14〜17年発表の4つの短編収録の新作は村上春樹の影響見える表題作出色。空き家の隣家に深夜潜入する女性と、老女の記憶辿る展開鮮やか。田舎の中学校の同窓会に参加する芸能人の心理を大胆に描く冒頭作も興奮。

mum & gypsy × trippen / BEACH

2018年8月26日14:00 VACANT マームとジプシーがドイツ系シューズと組んだコラボ企画は、リゾート地に集まった者たちを軽快に丁寧に描いて持ち味発揮。見送る側の心理さらりと見せ流石。成田亜佑美が抜群の安定感、川崎ゆり子がマーム魂を体現。

ホエイ / スマートコミュニティアンドメンタルヘルスケア

2018年8月25日18:00 こまばアゴラ劇場 中学校教室舞台に狂気の注目作再演は日教組へのシニカルな笑い炸裂。複式学級の複雑な上下関係も面白い。朝日新聞大好きの暴走教師役で永宝千晶の怪演光る。同時上演「ずんだクエスト」の菊池佳南のヲタ芸にも拍手。

無隣館若手自主企画升味企画 / あの子にあたらしいあさなんて二度とこなきゃいいのに

2018年8月25日14:00 アトリエ春風舎 ドイツ帰りの升味加耀による新作は静かな演劇フォーマットで描く演劇部の夏合宿。ふざける女子3人の日常会話など面白く、毒のある恋愛ネタ散りばめるも、重要人物の不在、不良教師の存在も違和感あり若さ目立った。

イデビアン・クルー / 排気口

2018年8月11日14:00 世田谷パブリックシアター 08年作再演が安藤洋子招き実現。料亭風の舞台で和テースト巧みにBGMの大胆なミックス度合い強烈。未就学児可公演の要素薄いが、酒井幸菜の片思い眼鏡女子キャラ新鮮。終盤の井手&安藤のコミカルなデュオ最高。

鉄割アルバトロスケット / 無題です。

2018年8月9日19:30 ザ・スズナリ 会場を鉄割空間に変える恒例企画は怒濤の36本に圧倒。カルメンやウエストサイド地区ミゼラブルら有名作のパロディに冴え。奥村勲の名人芸光り出演パートのクオリティ高め。戊井ギター効果的、山本ロザ存在感増す。

高橋弘希 / 送り火

2018年7月25日初版 文藝春秋 芥川賞受賞作は北地へ転校した中学3年生を主人公に残酷な遊び、苛めに遭遇しながら過ごす日々描いて刺激的。人付き合い巧く上手にやり過ごす歩が直面する晃の暴力性の数々にひりひり感。硬質な文体もマッチし成功。